YAMAHAイベントに2日間で10,000人超を動員!

 

2017年12月9日(土)、10日(日)にミャンマー第2の都市マンダレーにて「FEEL THE EXCITING YAMAHA」イベントが開催されました。
6月にも、ヤマハ発動機株式会社(本社・静岡県磐田市)としてミャンマーで初のイベントを実施し、2度目となる今回は大幅にスケールアップ。




全日本トライアル選手権最高峰クラス史上最多の10回のチャンピオンを獲得した黒山健一選手を迎え、3m近くあるジャンプ台を使ったトライアルショーを披露。




YAMAHAの新型バイクJANUSの初お披露目のほか、ミャンマー人なら誰でも知っている超有名バンドのWai La(ウィラ)によるライヴショー、バイクの試乗会など盛りだくさんの内容で、土日2日間で10,000人を超える人々が会場であるMandalar Thiriスタジアムを訪れました。




地元ミャンマーのTV局MRTV-4でおなじみのSoe GyiさんがMCを担当、ラッキードローでは、JANUSのほか、iPhoneが当たるとあって、大いに盛り上がった。




今回のイベントは、マンダレー事務所のココリーダーを中心にマンダレーの事務所の社員5人ワサビ社員、モー社員、トゥレ社員、ティンザー社員、ララミェ社員))とヤンゴン事務所からペイピョウマネージャー、キンアシスタントマネージャー、ユキ社員のヘルプもあって、成功をおさめることができました。
今後もイベント事業やサーベイ(市場調査)事業など、広告以外の事業にも積極的に取り組んでいきます。

2018年01月30日