新着情報

ミャンマーでACE社と合弁会社を設立

 長田広告株式会社(本社:愛知県津島市、社長:長田一郎)とACE Data Consulting Services Ltd.(本社:ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)ヤンゴン市、会長:U Thien Oo)は、ミャンマーに於ける総合広告業の展開を目的として、合弁会社の設立に合意致しました。

■背景と目的
 ミャンマーは2011年の軍事政権から民政移管、2016年の政権交代、そして急速に対外開放が進んでいます。またミャンマーの実質GDP成長率実績(*)は2015年7.29%、2016年6.30%と高成長を維持しております。経済発展と共に、広告市場全体も伸び続けることが予想されますが、現状はテレビ・ラジオが広告媒体の中心であり、屋外広告やWeb広告は、まだこれから拡大する広告媒体といえます。
一方、長田広告は、日本国内においては1963年の創業以来、各種広告事業を通じて地域貢献に取り組んでおり、「地域密着」「自社媒体」「製販一体」を強みとして主力である屋外広告看板事業は日本国内でトップシェアを持っております。加えて近年は、役所・公共施設・ショッピングモールなどのデジタルサイネージを媒体とした広告にも取り組んでおります。
このような環境下、長田広告株式会社は2014年にミャンマーに現地法人「NAGATA Myanmar Co.,Ltd」を設立し、ミャンマー国民への貢献をモットーに「インフラ整備型広告」のスキームを開発し、多数の屋外広告媒体を開発致しました。とりわけ、ヤンゴン市・マンダレー市・ネピドー市における広告付き郵便ポストは、日本の総務省、ミャンマーポストとも協力しながら老朽化した郵便ポストを広告収入によりリニューアルするという画期的なものです。また、バガンの遺跡群においても、広告付きゴミ箱を設置し、ゴミ箱設置を広告収入で賄い、周辺の美化に貢献しております。
しかし、長田広告の今後のミャンマー事業の成長スピードを更に上げるためには、ミャンマーの有力企業である「ACEグループ」と当社のノウハウを融合させることが最善の選択と判断するに至りました。
*出所:IMF "World Economic Outlook Database" (JETROサイトより)2016年は推定値

■事業の展開
長田広告は今般、ミャンマー屈指のソフトウェア開発会社であるACE グループのコンサルティング会社であるACE Data Consulting Services Ltd.と、合弁会社を設立し、合弁事業を開始致します。
長田広告は、合弁会社を通じて日本で築いた屋外広告看板のノウハウや日本国内でのデジタルサイネージを活用した総合広告業のノウハウをミャンマー国民のために還元するとともに、新たなローカルメディア型Web広告事業も並行して進める計画です。
合弁会社を通じて質の高い広告サービスをミャンマー国内に提供し、ミャンマーの経済成長に貢献致します。



 

■合弁会社概要
 ・商号  未定
 ・所在地 ミャンマー ヤンゴン市
 ・代表者 長田一郎
 ・資本金 500千USドル

■ACEグループ概要
1992年に設立した、ミャンマー屈指のソフトウェア会社。
主な事業内容は、ソフトウェアの開発、海外からのアウトソーシング受注、ICTコンサルやサポートメンテナンス、システムインテグレーション事業、ICT技術者育成など。
2011年のティンセイン政権移行に合わせ、ミャンマー銀行システムの近代化をミャンマー政府に提言し、「ミャンマー中央銀行の基幹業務システムであるCBM-NETシステム」プロジェクトを2013年に受託、2016年に稼働、ACE社はその基幹システムの保守管理業務を受託するミャンマーの中核企業となっている。

■長田広告概要
 ・会社名    長田広告株式会社
 ・所在地    愛知県津島市東柳原町5丁目5番地‐1
 ・代表者    代表取締役社長 長田一郎
 ・ウェブサイト http://www.ad-nagata.com/
 ・事業内容   総合広告(屋外広告事業・交通広告事業・新聞広告事業・映画広告事業・デジタルサイネージ広告事業・
         広告付きバス停留所上屋整備事業)、その他(警備事業・建築設計・耐震診断・電気工事等)

■お問い合わせ先
 長田広告株式会社 名古屋支社総務部 久谷
 TEL:052-533-3535 E-Mail:junichi.kutani@ad-nagata.com

2017年09月08日

ミャンマー郵便ポスト、グランドリニューアルセレモニーを開催

2017年6月27日、ヤンゴン市内のストランド・ホテルにおいて、NAGATA MYANMARと富士ゼロックス株式会社が、郵便ポストのグランドリニューアルセレモニーを開催しました。
セレモニーには、日本国大使館の樋口建史大使、総務省・情報流通行政局郵政行政部の青木勇司課長補佐、ミャンマー日本商工会議所の中川勝司会頭、ミャンマー郵便のKham Aung(カムアゥン)総裁、YCDC(ヤンゴン市開発委員会)のコミュニティメンバーのMay May Thune(メイメイトゥエ)女史、日本ミャンマー協会のThet Sei(テッセイン)事務局長が来賓として出席しました。


詳細は「こちら」から

2017年07月14日

2016年度大学講座開催に関する報告

2016年度はミャンマー・マレーシアの2ヶ国計5大学(2015年度1ヶ国2大学)において開催しました。

2015年度は、ケーススタディとして日系企業を中心としたプログラムでしたが、本年度はMCRB・Vicky氏(Myanmar)、
TTC・Soni氏(India)、First Penguin・Wong氏(Malaysia)と、ミャンマーおよび周辺の各国からも講師として参画いただきました。


第一回講座 2016年7月8~9日
 ヤダナポン大学、マンダレー大学

第二回講座 2016年8月7~9日
 ヤダナポン大学、マンダレー大学

第三回講座 2017年1月19~21日
 ヤダナポン大学、マンダレー大学、ザガイン大学

第四回講座 2017年3月5~7日
 ヤダナポン大学、マンダレー大学、ザガイン大学、ヤンゴン経済大学

第一回特別講座 2017年4月11日
 マレーシアサインズ大学


詳細は「こちら」から

2017年07月12日

土浦協同病院のエントランスにてバス待ちの利用者様のためのベンチ(広告付)を設置!

 

「総合病院 土浦協同病院」のエントランス前に「バスまちベンチ」を4基設置しています。病院の利用者様がベンチに座ってゆっくりとバスを待てるようになりました。
ベンチの初期導入費用、維持管理費は、ベンチに設けられたビジュアル広告スペースへの広告掲載料収入を原資としていますので、施設運営者様に負担のない整備・運用が可能となります。


詳細は「こちら」から

2016年05月28日

経済産業省にて授賞式が行われました!

経済産業省 霞が関ビルにて「はばたく中小企業300社」の授賞式が行われ、長田専務・マレーシアの宮木MDが出席し、
林大臣より表彰を受けました。
私達の会社は規模からすると3番目だったようです。

この受賞に恥じぬよう、「国内から海外へと、より多くの人々を幸せにする」ことを目標に
邁進して参ります。どうぞ、ご期待ください!

詳細は「こちら」から

2016年05月25日

船橋でJRと京成を結ぶ歩道橋にデジタルサイネージを運用!

3月31日にJR船橋駅と京成船橋駅を結ぶ歩道橋にデジタルサイネージが設置され、運用開始されました。
このデジタルサイネージによる情報発信は船橋市役所の事業で、観光PRコンテンツ「船橋市役所特案係」、プロバスケットボールチーム千葉ジェッツのPR、また船橋市の名産品・名所などの情報やイベント情報、また近隣のお店のCMなど放映されます。
デジタルサイネージは歩道橋の両脇に12面あり、当社はそれぞれのモニターで放映されるCM制作と放映番組管理・運営を担います。
船橋市のアクティブな情報を、多くの人に届けるお手伝いをさせていただきます。


詳細は「こちら」から

2016年04月01日

ララスクエア四日市に144インチ屋外用大型LEDサイネージが登場!

「ララスクエア情報・自治体情報・地域企業CM」を放映します。

デジタルサイネージでまちに賑わいを!まちと施設と自治体をつなぎます
2015年7月1日から、ふれあいモール正面で放映を開始予定
広告料収入で設置から維持管理、メンテナンスを行います。


詳細は「こちら」から

2015年06月29日