屋外広告看板のリーディングカンパニーとして


屋外の看板広告は歴史ある広告媒体であり、ある時は街のシンボルとして、また地域住民へのメッセージを届ける手段として存在してきました。看板を設置する場所、看板に描く内容、安全に看板を立たせ続ける運用方法など、メディアならではの工夫が詰まっている媒体なのです。


これまで、日本全国に多くの看板を設置してきた長田広告。屋外広告物として様々な法令があることをご存知の方も多いでしょう。その中で、地域の企業と地域の住民のための懸け橋として様々な看板設置をし運用してまいりました。誰もが簡単に屋外看板を自由に建てられるものではありません。

まず、屋外看板を建てるためには、設置するための土地が必要であり、当然のことながら地権者様の許可が必要です。地権者様から土地を借り看板を設置する場所を確定させ、そこに地域の飲食店や医院、企業などの広告メッセージを表示します。
屋外看板を設置する土地は、地域の中でも多くの人や車が往来する場所など、広告としての価値が高い場所である必要があります。当社では、そのような看板に適した土地の地権者様と交渉を行い、屋外看板を設置する場所を確保し、広告を地域の人々に届けたい企業に提案しながら広告事業を行っています。

この全国規模の屋外広告のプラットフォームを通じて、看板を見る多くの生活者を円滑に店舗まで誘導したり、ブランド認知を促したりして、私たちの事業が成り立っております。
もし、このような屋外広告プラットフォームが存在しない状況の中で、各企業の経営者様が個別に土地交渉を行い、それぞれに条例を遵守し、さまざまな手続きをし、安全な屋外広告物として建てることができるでしょうか。それは、容易なようで決してそんなことはありません。長田広告は、土地の交渉から、設計・施工・運用メンテナンスを通じて、ワンストップで屋外広告のサービスを手掛け、地域の企業やそこに住む生活者が暮らす街づくりに貢献いたします。

当社は、屋外広告のリーディングカンパニーとして、屋外広告物に携わってきた経験をもとに、社会のさまざまな問題に対して真摯に対応しながら発展をし続けております。
国連では、2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」の一つに都市空間の整備や管理方法を改善していくという大きなテーマを掲げております。当社では、地域の屋外看板を通じて、住民に情報を届け、利便性の高い街づくりをするという意識をもって、事業を進めております。


国連では2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」の一つに都市空間の整備や管理方法を改善していくという大きなテーマを掲げております。当社でも、国内の市役所や区役所の住民サービスを通じて、まちづくりのことを考えながら事業を行っております。