SDGsの取り組み


SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。 (外務省HPより引用)


長田広告のSDGs

長田広告は、国際社会の一員として、ステークホルダーの皆さまと共に、社会的責任を果たし、地域社会・環境の持続的な発展を目指し、さまざまな事業活動を通じてより良い社会の実現に貢献いたします。


当社の取り組み

重要課題を解決するために、長田広告の取り組みをご紹介します


ミャンマーのインフラ整備と広告事業(1)~街をきれいにする広告付きのゴミ箱~


長田広告の現地法人NAGATA Myanmar Co. ,Ltd.では、ある取り組みをしながら、ミャンマーの街の中をきれいにしています。ミャンマー国内で広告事業を展開しているNAGATA Myanmarの取り組みをご紹介いたします。


詳しくはこちらから


















災害から身を守るための取り組み ‐デジタルサイネージで緊急情報の伝達‐

自然災害などの緊急事態発生時に大切なことは、まず命を守ることです。大切な命を守るために緊急情報を速やかに伝達することは、極めて重要なことです。長田広告では自社媒体である「コミュニティビジョン」(自治体庁舎内広告)へ緊急情報を放映する機能を追加導入しました。

詳しくはこちらから













インフラ整備型広告 ~日本の郵便ポストをミャンマーに普及させる取り組み~

長田広告の現地法人は、2016年からミャンマーの旧来の郵便ポストを日本でも使われている新しい郵便ポストにリニューアルし、ミャンマー国内のインフラを整備しながら広告事業を進めています。

詳しくはこちら から






 



地域住民の利便性向上へ -コミュニティビジョン-

普段、何気なく市役所や区役所の窓口にある番号札を発行して順番に呼び出しをしてくれるシステム。地域住民サービスの窓口にも長田広告が運営しているシステムが使われております。


詳しくはこちらから