交通広告事業

駅・電車で伝える

まちとまちをつなぐ電車。出発・送迎・待ち合わせのための駅。
通勤・通学・お出かけ・旅行・出張などさまざまな用途で、人々は電車と駅を利用します。利用者の日々の生活や移動に直結した媒体で消費者とクライアント企業をつなぎつづけます。

通勤・通学など日常生活動の線上で強制視認性と反復訴求が期待ができる交通広告。
なかでも駅看板は長期掲出が可能な媒体で、交通広告の中で最もコストパフォーマンスに優れています。駅周辺施設への道案内、また企業認知に利用できるので、主に地域密着の媒体とも言えます。