ニュース
2022.06.06お知らせ

長田広告、茨城県つくば市内に「広告付きバス停留所」を設置し、運用を開始

長田広告株式会社(本社:愛知県津島市、代表取締役:長田一郎、以下 長田広告)は、茨城県つくば市と協業し、つくば市内14ヵ所に「広告付きバス停留所上屋」を設置し、2022年6月から運用を開始しました。

この取り組みは、長田広告とつくば市による広告付きバス停留所上屋整備事業の一環として行われるものです。つくば市は、市民が停留所でバスを待つ環境を改善するために上屋(屋根)のあるバス停留所を必要としていました。そこで、長田広告とつくば市は、「広告付きバス停留所上屋整備事業」に関する基本協定を締結し、地域で事業を行う広告主様の広告費を財源として、バス停留所上屋の整備を行いました。

整備した広告付きのバス停留所は14ヵ所で、上屋(屋根)の他にも、ベンチ・照明・防犯カメラ等も設置されています。
今後、つくば市のコミュニティバス「つくバス」の屋根付き停留所の一部に、長田広告が募集したスポンサー企業の広告が掲載され、バス利用者がバスを待つ際の快適性も高まります。




■背景
これまで、自治体庁舎内のデジタルサイネージメディア運営をはじめとするPFI事業に取り組んできた長田広告は、消毒液スタンド、AED(自動体外式除細動器)、電気自動車用充電設備など、自治体が市民のために提供すべきインフラ設備を広告媒体化することで、社会に貢献してきました。つくば市との広告付きバス停留所上屋整備事業を通じてSDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」等 の目標達成に貢献できるものと考えています。
※PFI事業:民間の資金と経営能力・技術力(ノウハウ)を利用し、公共施設の設計・建設や公共サービスの運営・維持管理・運営を行う公共事業

■設置概要(設置場所)
・吉沼シャトル停留所 3か所
(学園の森2丁目、学園の森1丁目、研究学園3丁目)
・上郷シャトル停留所 4か所
(つくば市役所北、研究学園駅入口、研究学園6丁目、研究学園7丁目)
※各停留所の上下線に設置

■バス停留所等広告事業について
長田広告は、広告付きバス停留所上屋やバスロータリーにある広告付きベンチなど、快適で安全な待合環境づくりにつながる広告事業を全国約200ヵ所のロケーションで展開しております。 バス事業者や自治体の費用負担なく、広告事業で設置後の維持管理まで責任を持って行うことで、利用者にやさしい環境づくりと併せて、地域経済の活性化にも貢献いたします。



広告出稿に関するお問合せ先:
長田広告株式会社 土浦営業所
茨城県土浦市虫掛東3367-2
TEL:029-823-7330


バス停留所等広告事業に関するお問合せ先:
長田広告株式会社 媒体開発統括本部 バス事業課
東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル6F 
担当:齋藤・矢野
TEL:03-3278-7335